鈑金・塗装

傷へこみの修理はAuto Dr.YAMADAへ


この2か所のキズも、カーコンビニ倶楽部でこんなにきれいになりました。
より早く、より美しく、より低コストを実現した「カーコン工法2nd」を実際の修理工程例と共にご紹介します。

お客様の情報を受付表にご記入いただきます。その間に車検証をコピーさせていただきます。

お車の種類・色、キズの形や大きさをコンピュータに入力し、素早く概算費用をご提示し、お見積書を作成致します。

キズへこみ修理の流れを動画でもご覧ください
カーコンきれいのヒミツ(動画)はコチラ

作業前にキズの深さや大きさを確認します。

専用の鈑金引出しツール(プーラー)を使って、へこんだ部分を引き出します。


カーコン独自のプーラーは、どんな場所の引出しも可能です。

引き出しが終わったら塗装面の剥離とパテ埋め作業になります。


乾燥時間を短縮させた新型パテを使用しています。

UV(紫外線)照射によりスピード乾燥。


一般的なパテはUV照射では硬化できませんが、カーコン独自のパテはUV照射で更に硬化がはやくなります。

パテ埋めした部分はしっかりと研磨します。

サフェーサー(下地塗装)作業を行います。


乾燥時間を短縮させた新型サフを使用しています。

さらにUV(紫外線)照射によりスピード乾燥。


UV照射なら約30秒で乾きます。

車のカラーナンバーを確認、そのデータを元に色を作り出します。

出来上がった色を金属の板に塗って車の色と比較し、微妙な色の違いを調整して仕上げます。

塗装は専用のブースで行います。塗装に関係ない部分はビニールで覆います。

プロの腕の見せ所。どんな色でも違和感の無いように塗装します。

塗装乾燥後にコンパウンドを用いて磨き作業です。

ピカピカになった車で「行ってらっしゃい」